京都府立 植物園

2005、春の記録。約1ヶ月前のある日の午後、夫と北山の植物園へ。
周囲の道を通ることは何度もあったのですが、
中へ入ったのは初めて。

かなり曇り気味だったうえ、
着いたのが15時半と遅く、温室には入れなかったりで、
隅々まで満喫・・・とは行かなかったけれど、
広い園内をぶらぶらすると、気持ちも落ち着いてきます。

一番見ごろだったのは、あらゆる色のチューリップ。
その中でも、気に入ったのは、これ。b0048766_170434.jpg

茎のところも、
少し紫がかっています。


そして、配色が美しいビオラ。
b0048766_1715039.jpg

ハンカチ落としをしている学生さんたち。私たちもいれて~。b0048766_1723485.jpg


ソメイヨシノなどの ほとんどの桜は終わっていましたが、
 ↓ 黄桜 (花の盛りを過ぎると、真ん中が赤くなってくる)や、
b0048766_176654.jpg

 ↓ ウワミズサクラ など、珍しいサクラを見て楽しめました。
b0048766_1772654.jpg


次回は、お弁当を持って行きたいね。
今は、バラが見頃、ピークだそうですよ。
~5月末は、18時半まで開園(入園は~18時)とのこと。


京都府立植物園 
     案内・入園料・MAP
●開園時間 = 9時~17時(入園は16時まで)
  (温室観覧時間は10時~16時、入室は15時半まで)
●休園日 = 12月28日~1月4日


そして、植物 以外で、面白かったのは、水琴窟というもので・・・続く。
[PR]

by stutiyi | 2005-05-28 17:09 | 京都でぶらり  

<< 水琴窟に耳をすませて : 府立植物園 「ぽっかぽか」 が 終わっちゃった >>