京都に降る雨

関西にもう長く住んでいて、第2言語として(阪神間における)関西弁をマスターした身としては、
京都弁についても、だいたいはわかっている・聞いたことあるつもりでしたが、

実は、知らない言葉がたくさんあったのです。
「京都は、そーんな ’よそさん’が、簡単にわからはるとこ と 違いますしぃ」
・・・そんな声が、
時間と人の営みによって 積み重なった「京都」という層の中から聞こえてきます。

京都弁の世界、一緒にのぞきましょ・・・カテゴリ’京都弁’。 本日、スタート。
                                    (監修 : 夫)・・・と責任転嫁!?
 * * * * * * * * * * *

コメント欄に「ぴりぴり」が出てきたので、tnk_atkさんの記事「リネンの服をもう片付けてしまいました」にTBさせていただきました。
片付けることを「なおす」、うん 少なくとも阪神間でも言いますね。

 * * * * * * * * * * *

2年ほど前、(現・夫)と電話で話していたときのこと、
私「そっちは、雨降ってる?」
彼「うん、ぴりぴり してきた」
私「・・・ぴりぴりぃーーー???・・・。雨ってピリピリ降るのん??????」
彼「うん、ぴりぴりって言わへん?」
私「・・・・・初めて聞いた・・・」

それは、「まだ 傘がないと困るほどじゃないけどね」レベルの、
ほんの ぽつりぽつり と降ってきた という、小雨の時に言う言葉。


抑揚は、
平坦に「ピリピリ」でも、
雰囲気について言う時のように「ピ  ピ    「ピ
                      リ  リ」・   リピリ」でもないのです。
それは・・・・、

    ピ                          ピ        きてる    ぇー」
「ピリ   リ」・・・はい、皆さんご一緒にっ、 「ピリ   リ 降って      で     。


そして、本降りになってきた時(どしゃぶり程ではない)・ざぁざぁ降ってる時は、b0048766_2252690.jpg

「き        ぇー」 (追記)「:by義母」 ←「ぇー」は女言葉
  つ 降ってる

「きつ」は、きつくの きつぅ の ぅ が落ちた感じ。

大阪(梅田辺りってことで)では、
それぞれ「うん、ぽつぽつやなっ」、「結構、降ってるでぇー」くらいでしょうか。
・・・・ですか?(こちらも自信なし!?)

追記 :
tnk_atkさんから、コメントをいただきました。 
「ぴりぴりは、ぽつぽつよりもう少し粒が小さく、「やんでしまうかもしれない」ミスト という感じ」

・・そうですよね、わかります。京都で夫と暮らすようになってから、生活の中でわかりました。
わかるんですが、じゃあ(例えば)梅田ではなんていうか??となると
・・・うーん、強いていえば「ぽつりぽつり??」と書いてしまいました。
擬態語ではないけれど「霧雨」の類いですよね。そして、気まぐれな感じ。
(ぽつぽつ と、ぽつりぽつり も違う。。。日本語って擬態語天国!?ですねぇ、あらためて思う)

ぁー、すっきりしました。どうもありがとうございました。

他に代わる言葉がないので、私も最近は「ぴりぴりしてきたなぁ」と思うようになってきました。
そのうち口から出るようになりそうです。   8月29日

b0048766_22532967.jpg



京都に降る雨は、まるで 大阪に降るのとは違うかのようです。

b0048766_22541841.jpg
・・・ちょっと雨宿りしていこか。
[PR]

by stutiyi | 2005-08-28 23:03 | 京都ことば  

<< 災害伝言ダイヤル について 追記 宇治川 花火大会・・・おまけ >>