アニータ・ロディックのメッセージ と そこから考えたこと

「SASAPY's WORLD」さんの「<本>アマゾンの畑で採れる・・・」
「おんぶにだっこ」さんの「ボディショップの創業者」
「UKハーバリスト修行」さんの「ボディショップの取り組み」
     にTBさせていただきます。

 * * * * * * * * * *

まず、
アニータ・ロディックって、誰だっけ?? という方もおられると思います。
『THE BODY・SHOP』 はご存知ですか。

ザ・ボディショップは、アニータ・ロディックが1976年にイギリス・ブライトンで創業した
ボディ・ヘアケア用品、化粧品 のメーカー&ショップ です。
「動物実験反対」や「フェアトレード」などのポリシーと共に、
様々な支援キャンペーンでも、知られていますね。
そういえば、
私が、’’フェアトレード’’という言葉を知ったのも、この ザ・ボディショップ でした。
日本では、1990年から店舗展開されています。

イーウーマンさんのプレゼントで招待券をいただき、
11月2日、ザ・ボディショップ(日本展開)15周年記念パーティに行って参りました。

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
今回、もう1つのブログと同じ文章の部分もあります。お許しをっ。。。
 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

招待状
キラキラリーン ☆ (どこかで同じ写真見たよって? 笑)b0048766_1042068.jpg
会場は、
ザ・リッツ・カールトン大阪 ですのよ、ほほほ。
こじんまりとした部屋で、
お料理はブッフェ式ながらも、立食ではなく きちんと席があるパーティーでした。
招待客は、7・80名くらいだったでしょうか。

日本でのヘッドフランチャイジーである 株式会社イオンフォレスト 岩田社長の
挨拶と 創業者アニータ・ロディックの紹介 の後、 アニータご本人のスピーチ。

今回のスピーチは、
2006年1月27日からキャンペーンがスタートされる
「ストップ・バイオレンス・イン・ザ・ホーム」について。

くどくど私が書くよりも、いただいたコピーを映します。
光ってしまっていますが、
ダブルクリックで拡大していただくと、何とかお読みいただけると思います。
b0048766_22182429.jpg


b0048766_2222263.jpg
そして、翌日11月3日午後、呼応するかのように、この番組が放映されていました。
関西放送 制作 「くらやみにまけないで」 (公式HPはこちら)
6月30日にザ・ドキュメントで放映されたものに 追加取材を加え、編集したものだそう。

これは、幼い頃に母の暴力・義父の性的虐待 を受けた3男児の母が、
自らも行ってしまっていた 子供への暴力を辞めると決意・実行し、
同じ過去を持つ人々と助け合っていこうとする姿を捉えたもの。

まさに「連鎖」と、それを断ち切ろうともがき、力を尽くす姿に、
心を揺さぶられました。

この連鎖を断ち切っていくには、親・子 どちらにもケアが必要ですね。
支援していくには、資金も必要ですね。


パーティーでは、アニータと少しお話もできたのですが、
何とも貧弱な会話しかできない自分が情けなかった の一言。
「英語力の不足」に逃げ込みたくなるのですが、こういう時、自問する
・・・日本語なら言えるの? と。
そう、日本語でもそう変わりはないのです 結局のところ。
言いたいことが確固としてあれば、何とでもなるんですよね、本当は。
・・・第一さぁ、この時は 通訳の方がおられたのだし。。。

しかし、短い間でも向き合えたことは財産。
アニータ・ロディック ご本人は、とても 気さくであり、
そしてまた、
自分・ボディショップにとって必要なところをオープンにして差し出す
という 「あたたかさ」・「したたかさ」をお持ちの方です。
b0048766_1092138.jpg

↑の写真は、会場を後にする直前の彼女。
既にバッグを手にしつつ、今回のキャンペーンについて、最後まで熱く語ってはりました。


尚、レポート・顔写真の使用については問題ない旨、確認済みです、因みに。
「必要なら使っていただいて結構、
 皆さん どんどん書いて下さい。周りの方と話し合って下さい。
 このキャンペーンを利用して、問題の解決をしていきましょう」という姿勢です。
そして、それが、ボディショップの収益にもつながることで、
最終的に十分お返しいただきます---ということでもある。
これは、自伝「ボディ アンド ソウル」にも出てくる 創業当時からのスタイルです。

お土産に グッズもいただきました。b0048766_100921.jpg
キャンペーンアイテムとして発売されるミントリップケアスティックも頂きました。
売価 525円のうち25円をDV被害者女性・子供の緊急一時保護を行う
民間シェルター(=FTCシェルター)に寄付するそうです。
私も、自分に出来ることを考え、行動しようと思います。


招待券をプレゼントして下さった イー・ウーマンさま、
パーティーに参加させていただいた イオン・フォレストさま、
そして、本体の ザ・ボディショップさま アニータ・ロディック氏に心より感謝します。


そして、
ザ・ボディショップは、BIG ISSUE の創刊 にも、つながりがあるんですね。

先月、ビッグイシュー日本版を初めて買いました。それについては、また 次回以降に。
[PR]

by stutiyi | 2005-12-07 09:40 | 心の学び  

<< 夫の誤解 ・ 私の決めつけ 12月のお出かけ・・・神戸ルミ... >>