カテゴリ:美術館・博物館・記念館( 15 )

 

「日本の色 千年の彩」展 at 東大阪市民美術センター

先日、拝見してまいりました。
東大阪市民美術センターで開催されている 「日本の色 千年の彩」展 (詳細は → こちら

b0048766_14323054.jpg

楽しいです、美しいです。
海外から海を渡りやって来る絵画の鑑賞もええんですが、
日本の美意識を再確認・発見するのも大切な経験です。

ぜひご覧になって下さいませ。

最寄駅は、近鉄奈良線「東花園」駅で、
花園ラグビー場と隣接しています。


  開催は、 ~8月28日(日)まで。
[PR]

by stutiyi | 2011-07-27 14:34 | 美術館・博物館・記念館  

画家の本棚

(前回の続き)

うーん、これではわかりにくいですね。
b0048766_11101836.jpg

タイトル「TOYS」は、読めますか? バルビゾンも。

レオナルド・ダ・ヴィンチ の画集や、

絵がたいそう美しいに違いない 植物図鑑などなど、

中を開いて見せてもらえたら、
きっとこの本棚だけで、3日くらいは遊べそうです。

  あぁ、そういう類いの時間が欲しい。。。

建物・お庭・中の物々を守り
残し続けている方々に、感謝と尊敬の念を送ります。
[PR]

by stutiyi | 2007-07-08 23:10 | 美術館・博物館・記念館  

画家の本棚

(・・・続きです)

本棚が残されています。
もちろん、もっとたくさん所蔵しておられたでしょうけれど、
これだけでも、興味深いです。

実は、一番拝見してわくわくしたのは、この本棚でした。
                                  撮影 : 2006.5月下旬
b0048766_11151886.jpg

詳細は、次回にて・・・。
[PR]

by stutiyi | 2007-06-27 10:14 | 美術館・博物館・記念館  

気配のある部屋

まだ続く 1年前の記録。

こちらは、応接室。
                            撮影 : 2006.5月下旬
b0048766_2347134.jpg

ここはねぇ、

ここは、印象さんの気配がしますよ。
今も、時々ここからお庭を眺めたりしに、おいでになられるのじゃないかなぁ。
[PR]

by stutiyi | 2007-06-18 23:48 | 美術館・博物館・記念館  

印象さんになってみる

恐れながら、さらに近づいてみます。
印象さんのお席。
                              撮影 : 2007.5月下旬b0048766_23255014.jpg
 ・・・そう、お庭もよいのですけどね。

そして、いよいよ・・・
b0048766_23281875.jpg
ふーむ、なるほど。・・・何が??
いや、しかし、「なるほど」と言いたくなる感じなのです。


いえいえ、座ってみたわけではありませんよ。
座った時の高さで、浮かびながら(?? 中腰ってことね)、撮りました。


まだもう少し、続きがあり枡。
[PR]

by stutiyi | 2007-06-08 23:37 | 美術館・博物館・記念館  

芸術家の机に 近づいてみる

近づいてみる。

芸術家の使ってらした机。

アトリエは別棟にあるので、
堂本印象さんは、ここで何を かいておられたのか、
気になるところです。

アトリエと、こちらと、
使い分けてらしたのか、そうでもなかったのか。
                            撮影 : 2007.5月下旬b0048766_23324362.jpg

この記事からごらんいただいて、「突然、何のこと?」と思われた方は、
4回前(かな?)から、ご覧下さいませ。
[PR]

by stutiyi | 2007-06-06 23:37 | 美術館・博物館・記念館  

何気ない 照明

京都であちらこちら行って、気づいたことの1つ。
いろいろな時代の「照明」がとても魅力的・・・ということ。

堂本印象さんがお使いになっていたお部屋の照明も、
何気ないけれど、よいです。
                          撮影 : 2007.5月下旬
b0048766_12285142.jpg

陽射しが、とてもまぶしい日のお昼間だったので、
電気が入れられることは、ないのですが。
b0048766_1230787.jpg

あ、引率のI先生が後方におられます。お元気ですか~~。
[PR]

by stutiyi | 2007-06-04 12:32 | 美術館・博物館・記念館  

堂本印象さんの気配に触れる 1

1年前の記録の続きです。

京都府立 堂本印象美術館 の展望室(だったかな??)から東側を見下ろすと、
                            撮影 : どちらも 2006.5月下旬
b0048766_00818.jpg
ご自宅とアトリエだった建物・お庭が見えます。

この日は、I先生の引率だったので、
特別に中へ入れていただくという幸運に浴しました。

b0048766_014437.jpg


次回は、また この続き。
[PR]

by stutiyi | 2007-06-01 23:55 | 美術館・博物館・記念館  

デザインは どこまでも

前回、外観をUPした堂本印象美術館・・・内部も、一つ一つ デザインされています。

日本画家にして、その領域に留まらず、昭和に異彩を放った芸術家の1人だったであろう
堂本印象さんは、惜しみなく意匠をあちこちに凝らしています。(略歴は、こちら

階段の照明器具。
                       撮影 : 2006.5.下旬
b0048766_23144154.jpg

また近いうちに、行こう。

次回は、この画家の 元ご自宅の様子を。
[PR]

by stutiyi | 2007-05-30 23:18 | 美術館・博物館・記念館  

堂本印象美術館 ・・・衣笠

ご無沙汰してしまいました。
生きています。元気です。
来て下った方、申し訳ありません!!

先週、下書きにしていたのをやっとUPします。


ちょうど1年前の記録。
快晴の日に行った 京都府立 堂本印象美術館です。

                               撮影 : 2006.5月下旬
b0048766_0221272.jpg

昭和41年、この衣笠の地にこの建物ができた時は、
それはそれは、異彩を放ったでしょう。
当時は、凹凸の部分が金色だったそうですし・・・。


次回は、こちらの続きです。
[PR]

by stutiyi | 2007-05-28 13:02 | 美術館・博物館・記念館