カテゴリ:心の学び( 13 )

もうすぐ「新年」

もうすぐ、節分ですね。

現代では、節分=立春の前日ですが、
元々は、四季の変わり目である
あと三つの立夏・立秋・立冬の前日も差していたそうです。

通常、
1月1日を元日として、
年賀状を含む 新年のあいさつも、やりとりをしていますが、

易では、
節分が年の最後の日、
立春が年の始めの日、ですので、
もうすぐやって来る 2月4日から、丁亥年になるのでございます。
 (立春は、2年ごとに2月4日→5日→4日→5日 となります。今回は、4日)

そして、
年の最後に邪気を払い、幸せを願う行事の一つが、
おなじみの「豆まき」。

日本では、中国から室町時代に伝わって以来、行われているようです。


その豆まきには、(節分の日の九星・日盤によって)
まく方角の順番があるのですよ~。ご存知でしたか。

今年は、
北東→南→北→南西→東→南東→北西→西→→北東もう1度
と、八方位に まいて、お終い。

「鬼は外~~」は、元気に大きな声で、
「福は内っ」は、鬼に聞かれないよう、小さな声でそっと言って、
すぐに窓を閉めます。

八方位全てには窓はない・・・ですよね。
窓があるところから、その方角に向かってまきましょう。
   例 ) 東の窓から、東にも南東にもまく ・・・という感じで。

マンションは、どうするの~~??
「室内で やらないと、しょうがないわねぇ。できる範囲で、やりましょう、はい」と、
易学の師匠は、おっしゃってました。


予め、2つの枡に、食べる方・まく方を別に入れて準備し、
できれば、神棚にお供えしておくのが、よいです。

そして、
神事は、酉の刻(17時~19時)以降に行うものですから、
19時以降に豆まき大会スタート!!です (いや、神事だってば・・・)。


皆さま、ぜひぜひ豆まきをして、「新年」をお迎え下さいね。
  ウチも、今年はやります(ん、今までは? やってなかったん??)。
  昨年までは、「食べるだけ」の気分だけ。。。(笑)
[PR]
by stutiyi | 2007-02-01 22:51 | 心の学び

「感謝する人」の方になる

ご存知の通り、
京都では、「犬も歩けば・・・」ではないけれど、
そこでもここでも、寺社仏閣に行き当たります。

そして、しばしば、「教え」も示されています。このように。
b0048766_11194088.jpg

そう、「感謝」をいつも胸に心に。

わかっちゃいるけど・・・、
いえ、わかってはいないんですね。「知って」いるだけで。

身に沁みたと思っても、
少しずつ少しずつ、
どこかへ流れ出てしまうよう。


だから、何度も何度も、繰り返し繰り返し、
教えていただくことが必要です。

これを書かれた方に、まずは感謝します。

・・・ 2006.6 仏光寺通にて
[PR]
by stutiyi | 2006-06-30 21:20 | 心の学び

寂庵さんで、写経

昨年来、行っている寂庵さんでのお写経。

今月、今年初めて、また行ってきました。

お写経をする間は、やはり・・・いつものように、雑念が浮かびまくりです(笑)。
しかし、頭の中が整理されて、すっきりいたします。気分もすっきり。

外へ出ると、
入る時には、さして気に留まらなかったお庭の花が、目に入ってきます。
b0048766_1536424.jpg
そして、紫陽花。
b0048766_15362245.jpg


むしむしするこの季節ですが、
本格的な夏の到来の前に、「水瓶」にたくさん雨を貯めておけますように。
[PR]
by stutiyi | 2006-06-21 12:36 | 心の学び

アニータ・ロディックのメッセージ と そこから考えたこと

「SASAPY's WORLD」さんの「<本>アマゾンの畑で採れる・・・」
「おんぶにだっこ」さんの「ボディショップの創業者」
「UKハーバリスト修行」さんの「ボディショップの取り組み」
     にTBさせていただきます。

 * * * * * * * * * *

まず、
アニータ・ロディックって、誰だっけ?? という方もおられると思います。
『THE BODY・SHOP』 はご存知ですか。

ザ・ボディショップは、アニータ・ロディックが1976年にイギリス・ブライトンで創業した
ボディ・ヘアケア用品、化粧品 のメーカー&ショップ です。
「動物実験反対」や「フェアトレード」などのポリシーと共に、
様々な支援キャンペーンでも、知られていますね。
そういえば、
私が、’’フェアトレード’’という言葉を知ったのも、この ザ・ボディショップ でした。
日本では、1990年から店舗展開されています。

イーウーマンさんのプレゼントで招待券をいただき、
11月2日、ザ・ボディショップ(日本展開)15周年記念パーティに行って参りました。

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
今回、もう1つのブログと同じ文章の部分もあります。お許しをっ。。。
 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

招待状
キラキラリーン ☆ (どこかで同じ写真見たよって? 笑)b0048766_1042068.jpg
会場は、
ザ・リッツ・カールトン大阪 ですのよ、ほほほ。
こじんまりとした部屋で、
お料理はブッフェ式ながらも、立食ではなく きちんと席があるパーティーでした。
招待客は、7・80名くらいだったでしょうか。

日本でのヘッドフランチャイジーである 株式会社イオンフォレスト 岩田社長の
挨拶と 創業者アニータ・ロディックの紹介 の後、 アニータご本人のスピーチ。

今回のスピーチは、
2006年1月27日からキャンペーンがスタートされる
「ストップ・バイオレンス・イン・ザ・ホーム」について。

くどくど私が書くよりも、いただいたコピーを映します。
光ってしまっていますが、
ダブルクリックで拡大していただくと、何とかお読みいただけると思います。
b0048766_22182429.jpg


b0048766_2222263.jpg
そして、翌日11月3日午後、呼応するかのように、この番組が放映されていました。
関西放送 制作 「くらやみにまけないで」 (公式HPはこちら)
6月30日にザ・ドキュメントで放映されたものに 追加取材を加え、編集したものだそう。

これは、幼い頃に母の暴力・義父の性的虐待 を受けた3男児の母が、
自らも行ってしまっていた 子供への暴力を辞めると決意・実行し、
同じ過去を持つ人々と助け合っていこうとする姿を捉えたもの。

まさに「連鎖」と、それを断ち切ろうともがき、力を尽くす姿に、
心を揺さぶられました。

この連鎖を断ち切っていくには、親・子 どちらにもケアが必要ですね。
支援していくには、資金も必要ですね。


パーティーでは、アニータと少しお話もできたのですが、
何とも貧弱な会話しかできない自分が情けなかった の一言。
「英語力の不足」に逃げ込みたくなるのですが、こういう時、自問する
・・・日本語なら言えるの? と。
そう、日本語でもそう変わりはないのです 結局のところ。
言いたいことが確固としてあれば、何とでもなるんですよね、本当は。
・・・第一さぁ、この時は 通訳の方がおられたのだし。。。

しかし、短い間でも向き合えたことは財産。
アニータ・ロディック ご本人は、とても 気さくであり、
そしてまた、
自分・ボディショップにとって必要なところをオープンにして差し出す
という 「あたたかさ」・「したたかさ」をお持ちの方です。
b0048766_1092138.jpg

↑の写真は、会場を後にする直前の彼女。
既にバッグを手にしつつ、今回のキャンペーンについて、最後まで熱く語ってはりました。


尚、レポート・顔写真の使用については問題ない旨、確認済みです、因みに。
「必要なら使っていただいて結構、
 皆さん どんどん書いて下さい。周りの方と話し合って下さい。
 このキャンペーンを利用して、問題の解決をしていきましょう」という姿勢です。
そして、それが、ボディショップの収益にもつながることで、
最終的に十分お返しいただきます---ということでもある。
これは、自伝「ボディ アンド ソウル」にも出てくる 創業当時からのスタイルです。

お土産に グッズもいただきました。b0048766_100921.jpg
キャンペーンアイテムとして発売されるミントリップケアスティックも頂きました。
売価 525円のうち25円をDV被害者女性・子供の緊急一時保護を行う
民間シェルター(=FTCシェルター)に寄付するそうです。
私も、自分に出来ることを考え、行動しようと思います。


招待券をプレゼントして下さった イー・ウーマンさま、
パーティーに参加させていただいた イオン・フォレストさま、
そして、本体の ザ・ボディショップさま アニータ・ロディック氏に心より感謝します。


そして、
ザ・ボディショップは、BIG ISSUE の創刊 にも、つながりがあるんですね。

先月、ビッグイシュー日本版を初めて買いました。それについては、また 次回以降に。
[PR]
by stutiyi | 2005-12-07 09:40 | 心の学び

彼は お百姓さんだけど、かっこいい人でしょ って褒め言葉か

ある「らしさ」について、?が浮かんだ今日、
丁度、kodomotoさんが、「らしさ」について書いておられたので、
「こどもがいるように見えないって褒め言葉か」にTBさせていただきます。

また、文中の「褒められた彼」は夫のことでは、ありません(笑)。

 * * * * * * * * * *

何気なく おっしゃったんだと思うんですよ、きっと。
でも、
無意識に言った言葉だからこそ、
飾りなく 本心が曲げられることもなく
  その方の美意識や価値観がそこに表れていると思うんです。

「彼はね、
 かっこいいけど、お百姓さんなのよ」というフレーズ。
状況からすると、意味的には「お百姓さんだけど、かっこいい人でしょ」と、
褒め言葉としておっしゃったと思います。

つまり、その方の中では、
お百姓さん=かっこよくない・かっこわるい・イケメンのする仕事ではない のでしょうね。

悪気がないのはわかっています、もちろん。
別に責めたくて、これを書いているわけでもありません。


私は、
「彼女はね、
 若々しくて 美しくて、色もとっても白いけど、お百姓さんなのよ」
と言ってもらえるでしょうか。いえ、皮肉ではなく。

私は、まさに それを目指しているのです。
「らしさ」を踏み出す、百姓像を少しずつ作っていこうと。
第一は、自分自身のため。
  そして、後に続く人たちのためにも・・・僭越ながら、微力ながら。
[PR]
by stutiyi | 2005-10-30 23:59 | 心の学び

寂庵 さんで、お写経

9月11日、投票に行った後、向かったのは、

嵐山 嵯峨鳥居本 の 「寂庵」さん
そうです、瀬戸内 寂聴 さんの庵。
b0048766_22241663.jpg
「写経の会」に、今年1月から 参加しています。般若心経を写します。


なぜ、’写経’か。 なぜ’寂庵’か。

お写経には、1年前くらいから行きたいと思っていたのです。
京都では、たくさんのお寺で 受け入れておられますし。
もともと、中学1年から「般若心経」には親しみ、
誦んじることはできました(短いですしね)。

特に、何かを願って行うわけではありません。
ただただ自分を振り返り、ご先祖様に感謝する為のみです。

以前 通っていた易学教室の先生には、
「仏教は、’陰’。修行する人達が行うもの。
 一般の人間には、’陽’である神様の方が必要」 と教えていただいたけれど、
私には、やはり’陰’のエネルギーをお借りする方が合っていると感じられる。
無理に「ポジティブ」をやってみても、合わないこともある。

私は、’陰’・’ネガティブ’は、必ずしも悪いとは思わない。
ネガティブあってこその、ポジティブ。
短所を直すことに強くこだわるほど、人生長くない・・・とも思っている。
長所を伸ばしていく方が、実り多い場合が多い と思う。
短所・長所はワンセットであることも多い。
 無口で口下手な人は、余計なことを言わない人でもあるし、
 短気な人は、押しの強さで人をフォローしているかもしれない。
長所を伸ばすことで、短所は’おまけ’の魅力にもなり得る と思う。

ぁ、いつものように、話がそれました。。。


そして、
なぜ、’寂庵’か。それは、

それまでも、もちろん寂聴さんのこれまでについては、断片的には知っていましたが、

MBS 情熱大陸で、昨年12月「瀬戸内 寂聴」の回を見て。

その番組中で、一番 印象に残ったのは、
「出家していなかったら、今 どうされていたと思われますか」という問いに
「出家していなかったら? 自殺してたでしょうねぇー。
 それも、(出家した時期から)遠くないうちに」 と間を空けずにされた答え。

「だって、もう生きていたいと思っていなかったから。
 生きながら、死ぬ って何かな? と思ったら、出家だったのよね」と 事もなげに。
もちろん、様々な思いが 今は昇華されたということだろうけれど。

私も、今 東光さんのような方と巡り合っていれば、
きっと出家していたのだろうな・・・とその時、思った。
それまでも、ぼんやりと 出家するのはどう? と考えたことはあったから。

生きるのは、楽しいことだけれど、
行き続けていくのは、辛いことである時もある。
そして、「自分自身が自分を必要としていない」という途方もない虚無感。
これを経験したことがある方が、ここにおられる という安心感が、
そこ 「寂庵」にはあります。


帰りに撮った写真、お庭の椿が実をつけていました。  
b0048766_22251076.jpg


以下、参考までに・・・・

寂庵さんでの「写経の会」は、
(8・12月を除く)毎月1日・第2日曜日に行われており、予約は不要。
10時から15時(←書き終えるのが)まで。
お写経が初めての方には、13時半までに到着することをお勧めします。

私は、いつもお昼過ぎてから行くので、寂聴さんをお見かけしたこともまだありません。
「法話の会」(←予約要)に往復ハガキで申込みをしてみようと思っています。

詳しくは、「寂庵 公式HPから、どうぞ。
 
寂庵
〒616-8434
 京都市右京区嵯峨野鳥居本仏餉田町7の1 (交通・地図)


そして、
9月・10月 と新刊の発行が続いているようです。

大垣書店烏丸三条店 で、
10月15日(土)16:00~ サイン会が、
    
紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店新宿本店4F)で、
10月24日(月)14:00開演 にて、法話の会が行われるそうです。
(問合せ : 紀伊国屋書店 事業部 )


お写経については、興味がおありなら・・・
お近くのお寺でも、行っておられるのでは?
京都では、あちこちのお寺の周りで告知の看板を見ますね。
お越しの際に、静かな時間を持ってみられるのもよいかもしれません。
[PR]
by stutiyi | 2005-09-29 22:22 | 心の学び

上司 ・・・ 思い浮かんだこと。

もうずいぶん前の話・・・です。

(後で ここに 写真挿入します、すみません)

私の職歴の始まり・・・
服飾の専門学校卒業後、某アパレルメーカーにパタンナーとして就職した。

自分の引くパターン(=作成する型紙)と縫製仕様の指示で、製品である服が量産される。
入社当初は受ける 先輩のチェックがなくなり、仕事量も増してくる、当然。
自分のする仕事が形となって見られるのは、楽しくやりがいもあるのだが、
ふとしたことで、怖さも出てくる。

1年半後の そんな時期に、上司が声をかけてくれた。

「stutiyiちゃんがする失敗くらいで、ウチの会社はつぶれへん。
そやから、どーんと思い切って仕事しぃー。
小さな成功と小さな失敗を積み重ねて、仕事ができるようになっていくねん。
stutiyiちゃん自身ではフォローできへん失敗したら、私が責任取るって。
上司はその為にもおるんやで。
言うとくけど、私の方がずっとたくさんお給料もろてるからな。悪いけどっ(笑)」

男らしいっっっ!(女の人だけど)。
あぁ、今書いてても、その時のことがまざまざと思い出されるけれど・・・
そう、その時はわからなかったのよ、その時なりにしか。
(そうか、上司とはそういうものなのだ)と素直に思ったのよ。
もちろん、ありがたいものだという思いと共に ではあるが。

思えば、当時28才だった上司、あなたはエラかった。
パターン実務をし、部下15人前後を束ね、上司・デザイナーとの調整 などなど。

そして、
当時、30才だったチーフデザイナー、
「stutiyiちゃん、昨夜(歓迎会2次会)の歌、よかった。歌 うまいなぁ。ピアノも弾けるし、編み物もできるしぃ・・・・」
私(いやぁ、それほどでも、ふふん)
「後は、仕事だけやなっ」ニコリ
私(かっくーんっ←ずっこける音) と励ましてくれた。一生 忘れません、忘れられません。

きっと彼女達も、上司・元上司にも 恵まれていたのだろう。


まだ今のようにキビシイ環境ではなかった・・・ということもあるだろうけれど、

当たり前? いや、その後「おじさん上司」をたくさん見てきたけれど、
「私が責任を取るから」というスタンスを見ることはなかった ように思う。
「手柄は自分、失敗は部下」・・・という保身タイプは、あの後2社目で見るのだが。
(因みに 後々の上司、この社長も男らしいっ(いや女性だが)です)

そのずっと後、(全く別の業界で)
私が「主任」というものになり、曲がりなりにも部下を持たせてもらった時、
私の年齢はもっと上だったにも関わらず、
そんなに腰も据わってなかったし、
全体を見る余裕もそれほどなかった。
ただ、評価されたのは、初めの上司に「失敗の意味・活かし方」を示してもらったからだと思う。


今日からの私に、何ができるだろう。もうこの歳だから・・・と思う日もある。
誰しも これからも、年を取っていく一方である。
しかし、いつからでも 遅くない・・・とも思う。
だって、
今日の自分がこれからの人生で、一番若いのだから。
[PR]
by stutiyi | 2005-09-16 20:10 | 心の学び

たまには、愚痴も出る けれど

今日、いただいたアドバイス。

いつも明るく元気に肝っ玉おばさんお姉さんをやれたら、
それに越したことはないけれど、
やっぱり、たまには 口をついて グチも出ちゃう。

そこで、だ。

グチをこぼすなら、共感してくれつつ、笑い飛ばしてくれる人に聞いてもらう」こと。
「共感して、一緒に不満を練り練りしてグチグチ言ってくれる人と話すと、
 その時はすっきりしても、
 結局’自分の正しさを検証’して、 余計 不満が大きくなる」

そう、その通りだ。
そして、
共感しつつ、笑い飛ばしてあげられる・・・自分をそんな風へと成長させよう。
[PR]
by stutiyi | 2005-08-03 20:27 | 心の学び

軽い口 重い口

もう かれこれ2ヶ月くらい前なのだが、(京都市内で)ぶらぶらしてた時、
お昼ごはんを食べに 初めて入ったお店で、

頼んだ定食を待つ間、
聞くともなしに、お店のおねえさんと常連らしきおじさんとの話が聞こえてきた。
どちらも、結構 話し好きな様子。

「いやぁ、ワシら しゃべりやから、あかんねんなぁ」
「ほんま、口は 重い方がええよぉー。
 いっぺん口から出てしもたもんは、もう戻らへん
さかいになぁ・・・」と、
立て板に水の調子で話すおねえさんが、そう言うのが何だか少し可笑しかった。

「口は、重い方がいい」かどうかは、人それぞれだけど、
「口から出てしまったものは、戻らない」のは、誰にとっても同じ。
本質的には、その元となる心の方が問題だけど、それは外から見えるとは限らないものね。

おねえさん、ありがとう。
あれ以来、口は重めにするよう、心がけてます。
b0048766_1853229.jpg
 ↑ 「いづもや」での話ではありません(笑)。季節なので、何となく入れてみました。
雨降ってほしいなぁ。
[PR]
by stutiyi | 2005-06-27 18:54 | 心の学び

お誕生日のお祝い おくればせながら。 

よくお邪魔して楽しませていただいている「たにしの江戸参り」さんの tnk_atkさんが、
6月8日にお誕生日を迎えられたとのこと
おくればせながら、TBにて 見て楽しんでいただく
   (だけ・・・でごめんなさい。なのですが) ささやかなささやかなお祝いです。


セイロンベンケイソウ という、葉の間から新芽が出る植物。少し芽が出たところ。
葉が4枚になったら、そこを切って、鉢に植え替えるそうです。
お香は、松栄堂さんの「forest」を。
b0048766_12252261.jpg


そして、生麩餅。もちろんひんやり冷えておりますよぉ。
b0048766_12285998.jpg

追記:急いで撮ったので、お客様用になってませんでした。
    お里が知れるわ。失礼しました。

もちもちしたものって、tnk_atkさんも書いておられるように、日本人(アジア人)のみにわかるおいしさかもしれませんねぇ。以前、カナダの方が「もちは喉につまっていかん。高野豆腐の意味もわからん。食器洗いのスポンジを食べさせられたのかと思った」と言ってましたもんね。

そうそう、「大殺界」について、ふれられていました。私の知っている範囲で、それについてひとこと。
あれはHさんが編み出したor発見した法則というわけではなく、四柱推命では必須の「空亡」というものに独自の名前をつけられたものです。
tnk_atkさんの生年月日でいくと・・・、乙酉の日生まれなので午未空亡、つまり午年・未年があまり努力が報われない時期になりがちなんです。
私は、12年の周期は運勢のバイオリズムと思っています。台風の予報が出ている時に、わざわざ引越しをしませんよね。そんな時期でも、家の中で学んだり楽しんだりはできるし、そのことが晴れた時に役に立つ・・・と考えています。
四柱推命・姓名判断などは、(血液型での分類などと同様に)統計学ですので、運勢の天気予報と捉えて、参考にされてはいかがでしょうか(あーまた余計なお世話でごめんなさい)。自分に合う「予報士 or 通訳」役の人が見つかると、いいですよね。

因みに、私も乙酉の日生まれです。「動物占い」はペガサスでしょ!?
あれも生まれ日の干支を言い換えて、わかりやすくゲーム感覚にしたもののようです。

長くなってごめんなさい。何はともあれ、お誕生日おめでとうございます again。


あ、生麩餅のおかわり? もちろん、ありますわよっ。
[PR]
by stutiyi | 2005-06-10 12:37 | 心の学び


京都を中心にぶらりお出かけ&人生が楽しくなること について


by stutiyi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

↓ こちらも見てね ↓

カテゴリ

全体
京都でぶらり
京都ことば
大阪でぶらり
美術館・博物館・記念館
心の学び
学習する
災害への備え
エンターテイメント
美容・健康
編みもの・縫いもの
こんなサイトもあるよ
本・雑誌
ウチの日常
ひとりごと
持ち物・買い物
私はこんな人
携帯から投稿
東日本大震災 
未分類

最新のトラックバック

夢占い診断の願望原理
from 夢占い 無料夢診断
「生誕120年 藤田嗣治..
from 万歳!映画パラダイス〜京都ほ..
ギブ・ピース・ア・チャンス
from 「咲いた手帖」
<本>BODY AND ..
from SASAPY's WORLD
ちょっと考えたこと - ..
from もろてん。
ボディショップの取り組み
from UK ハーバリスト修行
紅葉☆
from ミチィのらくがき帳
巨大ヘチマ(ちょっと前だ..
from 日子のさらさら日記
芝居小屋・豊来館
from MOONの似顔絵エッセイ
ˤեǡ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..

検索

以前の記事

2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 08月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

ライフログ


美しいお経


もめんで楽しむおしゃれ着物

CD

ジャズ・ブラット


ピアノ・レッスン


ぽっかぽかのにちようび

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧