<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

デザインは どこまでも

前回、外観をUPした堂本印象美術館・・・内部も、一つ一つ デザインされています。

日本画家にして、その領域に留まらず、昭和に異彩を放った芸術家の1人だったであろう
堂本印象さんは、惜しみなく意匠をあちこちに凝らしています。(略歴は、こちら

階段の照明器具。
                       撮影 : 2006.5.下旬
b0048766_23144154.jpg

また近いうちに、行こう。

次回は、この画家の 元ご自宅の様子を。
[PR]

by stutiyi | 2007-05-30 23:18 | 美術館・博物館・記念館  

堂本印象美術館 ・・・衣笠

ご無沙汰してしまいました。
生きています。元気です。
来て下った方、申し訳ありません!!

先週、下書きにしていたのをやっとUPします。


ちょうど1年前の記録。
快晴の日に行った 京都府立 堂本印象美術館です。

                               撮影 : 2006.5月下旬
b0048766_0221272.jpg

昭和41年、この衣笠の地にこの建物ができた時は、
それはそれは、異彩を放ったでしょう。
当時は、凹凸の部分が金色だったそうですし・・・。


次回は、こちらの続きです。
[PR]

by stutiyi | 2007-05-28 13:02 | 美術館・博物館・記念館  

京都ギリシアローマ美術館

今日は、2年前の I 先生引率での見学の記録。
 この「2年」が、長かった」のか、或いは、「あっという間だった」のかは、迷うところですが。

京都・北山・・・といえば、
植物園? ? ? コンサートホール?? カフェ? 

こちらには、
平成9年に開館されたという「京都 ギリシアローマ美術館」も
閑静な(という表現がまさにぴったりの)住宅地の中に、あるのです。

館長ご夫妻のこだわりや、開館時間などについては、
上のリンクをご覧いただくとして、

こんな感じで姿を現す、まさに、「館」。
                                 撮影 : 2005.5月中旬b0048766_1143178.jpg

中へ入ると、こんな雰囲気です。
b0048766_1144854.jpg

この中に、
私にとっては、「こういうのん 大英博物館で、見たなぁ・・・」な品々が、
大切に愛情を持って、展示されています。

お帰りの際も、
今の季節なら、鈴なりのレモンが見送ってくれます。
b0048766_11461591.jpg

この日は、特別に(かな?)帰りにレモンを1つ下さいました。
「農薬を使ってないので、皮まで安心してどうぞ」b0048766_11474968.jpg


この時代・品々に興味がある方のみならず、
なにかしら ものづくりをされている方には、きっと楽しいところだと思います。

4階の休憩室からの眺めも、よいです。ちょっと足を伸ばしてみて下さい。
[PR]

by stutiyi | 2007-05-11 11:58 | 京都でぶらり  

京都も、イラチ??

関西の中でも、大阪は特に人の流れが速い と言われますね。
「いらち」の象徴のように扱われることも多い
ここ JR大阪駅から阪急百貨店方面へ渡るところの
                              撮影 : 2006.4月下旬b0048766_0341712.jpg
信号の
b0048766_0355236.jpg
待ち時間表示がこちら。
b0048766_0365528.jpg

「20秒」は、「あと20秒で、青に変わります」を意味しています。

しかし、京都のバス停の中にも、こんな表示つきのものもあるんですよ。
                              撮影 : 2005.12月中旬
b0048766_038522.jpg
GPSで、次のバスの位置を把握し、表示してるんでしょうね。
これで、「接近具合」がわかるという寸法です。
b0048766_039059.jpg


なーんや、京都人もイラチなんちゃうん?? と、思いましたが、

観光シーズンは特に、時刻表があってないようなもの・・・ということもあるので、
遅れてる場合の状況報告の意味合いが強いんでしょうね。

路線も便も多い京都のバスです。
待っている時、行き先により、どちらに乗ってもいいんだけど・・・
「そっちがもうすぐ来るんやったら、そっちに乗ろかー」なんて時にも便利です。
[PR]

by stutiyi | 2007-05-03 00:42 | 京都でぶらり