<   2008年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

40代 生と死、 そして生きる

先月下旬、40代後半の女優さんが亡くなられた。
TBSドラマ「ぽっかぽか」以来、お見かけするお顔だった。
ご冥福をお祈りいたします。

そして、その週末、
24時間テレビ」では、同じ40代の「エド・はるみチャリティーマラソン」が行われていた。
たまたま夫が会食だったかして、私も早めに終業していたので、
マラソンの終盤~ゴールを食事の支度をしたりしながら見ていた。
テレビの演出を差し引いても、懸命さとプロ意識と体の痛みは伝わってくる。
生きる40代・・・「そう、何があっても生きていくのよねー」と勝手に(笑)共感。

そして、3日後、高校時代からの友人ジンちゃんから、
同じく高校同級生であるRちゃんの 同い年のご主人が「先月下旬急逝していた」報を聞く。
亡くなった当日も、Rちゃんが最後に会った時までは、変わりなかったそうだが、
体の中には、少しずつ死への要素が増えていたのかな。
そして、葬儀は、ご両親の意向により家族だけで終えたとのことで、
一昨日、ジンちゃん・Yちゃん・Tちゃんと4人でお線香を上げに行って来た。
あらためてご冥福をお祈りいたします。

40代前半の「人生」としては、まだやれることはあっただろうけれど、
魂のレベルでは、今生でやりたかったこと・学ぶべきことは、終えてしまったのだろう。
それも寿命の1つの形だと思う。

昨年末のラグビー部同期同窓会では、
野球部のIくんが(昨年の)5月に亡くなったと聞きとても驚いたが、
キャリアの踊り場には、小さな人生の出口の扉もあるのかもしれない。

こんなとき、「1日の大切さ」を思うけれど、
毎日毎日、充実でパンパンなんてあり得ないわけで。
・・・というか、すぐに忘れるわけだし(笑)。

目標を視野に入れ1段ずつ進むことも大事にしつつ、
充実ものんびりもありの「今日も『満足』な1日に」を思って、
この40代から先へ進んでいこう~~☆ と思う。
[PR]

by stutiyi | 2008-09-10 11:55 | ひとりごと