師匠が1人増えた~♪

あまりこういうまじめな話題は、このブログでは書いたことない(笑)のですが、

私が実現したいミッションの1つは、
「未来の日本人が食糧・食料を確保できるようにしていくこと」。

それを☆実現☆するためには、
私は自分が表に出て講師などをするよりも、
裏方としていろいろ仕掛けたり、
あるいは表に出る場合には、「話す」よりも「書く」ほうが向いていると思っています。

また「話す」場合にも、自分自身が「話す」よりも、
つなぐ役割をする方が向いていると思っていますし、それを目指しています。
シンポジウムで言えば、パネリストよりもコーディネーター。

シンポジウムは、コーディネーター次第で、
参加者が参加によって自身に何かを誓えるか、壇上・会場とも不完全燃焼になるか・・・が決まる。


先日、見かけた「日刊サイゾー」の
今田耕司 好きな司会者第3位にランクされる「代弁者としての3つの極意」は、「そうそうそうなのよー」だった。

彼が、「バラエティー番組の司会者としては業界内でもトップクラスの評価を得ている」のは、
以下の3点「共感、賞賛、謙虚」に集約される・・・と書かれている。

1.いつでも徹底して視聴者の目線に立ち、
  多くの人が何となく感じていることを的確に代弁する。

2.決して他人を悪く言わない。
  どんな球でも受け止めて、相手の良さを引き出すような形で処理してみせる。

3.司会者でありながら無理にでしゃばるようなところがない。
  あくまでも縁の下の力持ちに徹しているのだ。
  この謙虚さこそが、今田が他の司会者芸人と一線を画するところである。


ついて行くわ~~耕司師匠・・・勝手に弟子入り(笑)の2010年です☆
[PR]

by stutiyi | 2010-01-24 21:54 | ひとりごと  

<< 「妻」・「嫁」 2010年、すてきな年になりま... >>