映画「かもめ食堂」

今週、「かもめ食堂」を見ました。

ゆっくりと、
しかし、小気味よくストーリーが進んでいきます。
日本人が出演する日本映画なんだけど、

ロケ地がフィンランドだからというだけでなく、
何だか欧風な映画のような味わい。

「あー、ちょっとプチプチ留学とか 行きたいーー」という方にも、’効きそう’な映画です。

タイトルバックで、
「スタイリスト:堀越絹衣」と出て、「あーーーー、そうかそうか」と納得。
衣装も、ストーリーにも、各場面にもぴったり。懐かし可愛い感じで、楽しいですよ。
そして、お料理も、よい感じの簡素さです。

stutiyi お勧め度・・・★★★☆☆ ~ ★★★★☆ (DVDで見ました)





1番、印象に残った台詞は・・・サチエ(小林聡美)の

「やりたいことをやってる・・・というより、
 やりたくないことは やらないって決めたんです」

と静かに、しかし きっぱりと、かつ さっぱりと言うところ。

なかなか、それを決めて実行するって難しい・・・と言ってしまった時点で、
もうくじけてるわけですね。だめだ。

人生というビンの中には、
大きな石(意志)から、入れていくことが大切。
やりたくない(けど、やらなくちゃいけない諸々の)ことが先に入ってしまうと、
やりたいことが入る空間がなくなってしまう。

その台詞が、1番、印象に残りました。

あなたは?どこが印象的でしたか?
[PR]

by stutiyi | 2007-10-26 23:11 | エンターテイメント  

<< 御室 仁和寺 で、浅い秋 映画「ミス・ポター」 >>